鎌倉十三仏詣

梵字

鎌倉十三仏詣

念珠玉巡拝について

腕輪型念珠の作り方

完成した腕輪型念珠

各寺院にて授かる念珠玉(各600円)

鎌倉十三仏霊場の参拝の証として、仏様を表す梵字と寺院名が刻まれた念珠玉をいただきましょう。
「念珠玉巡拝」とは、鎌倉十三仏霊場の参拝とともに念珠玉を集める巡拝のことです。鎌倉十三仏霊場各寺院で念珠玉を授かり、十三顆すべてそろえてご自身で腕輪型念珠に、また一顆をストラップするなど仏様の分身を大切に身につけていただけます。
ご自分のペースで参拝し、その参拝の証としてお好きなかたちで仏さまの分身として念珠玉をお持ちいただければと考えております。

十三仏霊場各寺院にて販売されている腕輪型念珠セット(1,000円・作り方説明書付き)をお求めいただくと「腕輪型念珠」を作ることができます。ここでは、「腕輪型念珠の作り方」を詳しくご説明いたします。

「腕輪型念珠セット」の中身が左記のようにそろっていることをご確認ください。 また、小さいクリップ等紐の片側を留めるものをご用意ください。

腕輪紐の片方を御自身でご用意いただいたクリップで留めます。

「各十三仏寺院念珠玉と小玉(合玉)を交互に腕輪紐に通します。その際、念珠玉は一番札所のものから順に通します。最後に、鎌倉十三仏念珠玉(親玉)を通します。

腕輪紐の両先をつまんでゴム紐のたるみをなくし、腕輪紐を引っ張って腕輪型念珠に弾力を持たせます。

腕輪紐が解けないように引っ張りながら堅く結び、もう一度結びます。 ※少々強く引っ張ってもゴム紐は切れません。

二度むすんだところです。

結び目より3ミリほど残して腕輪紐を切ります。

結び目がわからないように引っ張り鎌倉十三仏念珠玉(親玉)の中に入れて隠します。

完成です。

腕輪紐が切れてしまったら…

有償にて新しい腕輪紐をお送りします。
詳細は、TEL 0467-40-3044 鎌倉十三仏詣実行委員会までお問い合わせ下さい。