古都鎌倉十三仏霊場巡拝

>トップへ戻る

鎌倉十三仏詣りとは

| 概要 | 協賛各社 |

十三仏詣りは最高の先祖供養の御参りです。大慈大悲の仏さまの中でも十三仏の諸尊は私たちの身近仏さまとして広く信仰を集めています。うまれ年(干支)夫々の本尊として、私たちの一生を守り、冥界への旅立ちには中陰から年忌のご本尊さまとして、現世から未来永劫にいたるまで、私たちをお導き下さいます。報御謝徳、諸願成就のため年一回は、この鎌倉十三仏詣りをおすすめします。

十三仏は室町時代に成立されたといわれ、十王思想を発展させ、亡き人の追善供養の仏として人々の間に流布し浸透している日本独自の信仰です。
十王思想は中国において仏教の教理をもとに、インド思想・道教・儒教・マニ教などの民間信仰を取り入れて成立したものです。その内容は、亡き人は初七日から三回忌に至る十回の忌日にそれぞれの十王の前において、生前なした善悪の業をあますことなく審判されて悪業あらば苦しみを受けた後に、次に生じる世界が決定されるというものです。
次の世界とは、仏教で説いている六道輪廻で地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上のいずれかです。

「地蔵十王経」から初七日から三回忌までの審判の模様

生前なした善悪の業をすべて調べられ、また死天の山門に集まった鬼神たちに鉄杖をもって体を打たれながら殺生の類の罪を調べられる。

初江王庁の前に三途の川が流れていて、亡者は罪の軽重により浅瀬・深淵・橋のいずれかを渡る。官庁の前に大樹があり樹の影に奪衣婆と縣衣翁の二鬼がいて、奪衣婆は亡者の衣を奪い縣衣翁に衣を渡し、翁は衣を樹の枝に懸ける。樹枝の高低によって罪の軽重が示される。また、盗業も責められる。

多くの悪猫と大蛇によって、亡者の邪淫の罪が審判される。

亡者の身口の七罪(殺生・偸盗・邪淫・妄語・綺語・悪口・両舌)を秤に掛けて、その量を記録する。

浄頗梨の鏡を用いて、亡者の善悪の業を余すところなく写しだして記録する。

五官王の秤と閻魔王の鏡に顕れた善悪について、もし悪行があれば責められ福あればさらに善をなすようはげまされる。

前三王の処断により、次の世が決定する(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六つの世界のいずれかである)。生処定まらなければ、百ヶ日の王に送られる。 

亡者の身は枷械され、鞭で打たれ傷つけられる。子女は努めて功徳を積めば、亡者は天堂を見ることができる。

一周忌に至って法華経を書写し、阿弥陀如来の像を造って追善すれば亡者の苦を抜くことができる。

亡者の邪見・放逸の過、愚痴・無智の罪は車輪が廻るように、常に三途の獄にありとして煩悩をこらしめて善に導く。


このような十王思想が中国の唐初期に成立し民衆に流布すると、死後の審判を生きているうちに済ませておこうという信仰(預修又は逆修という)と、亡き人がこの審判を受けたときに軽く、又少しでもよい世界に生じてもらいたいという信仰(追善供養という)が形成されてきました。預修あるいは追善供養のために十王をそれぞれを祀って、齋会が営まれました。王の使者が齋会の内容を視察に来て十王に報告し、齋会が丁寧であればあるほど功徳を得ることができると信じられました。
日本では、十王信仰が平安時代に伝えられました。鎌倉時代になると仏教が民衆に広まるにつれ、過去・現在・未来の三世にわたって人々の苦しみを救済してくださるのが仏様であることから、生と死の世界を分かち、また本地垂迹説等の影響を受けて、現世では仏であり本地とし、死後は王であり垂迹と考えられました。すなわち、十王は十仏の変化したものととらえて、十王の本地仏として十仏が定められたと考えられます。
また室町時代になると七回忌—蓮上王—阿?如来・十三回忌—抜苦王—大日如来・三十三回忌—慈恩王—虚空蔵菩薩と三つの忌日・三王・三仏が増補されて十三仏が完成したと思われます。
『十三仏抄』によりますと、七回忌以降の三つ忌日では王が亡き人を断罪することはなく、仏が直接亡き人を教化し引導すると述べられています。十三仏は現在でも各年回忌の本尊として、生活の中に浸透し信仰されています。

縁日に参拝すると、普段の日に参拝したときよりも大きな御利益がいただけるといわれています。


PAGE TOP